新居浜高専に合格するには【偏差値、ボーダーラインや対策を解説】

県立高校対策

こんにちは、愛大研公式ブログ編集部の縄田です。  

 

この記事を見てくれたあなたは、

  • 新居浜高専の特徴は?
  • どんな対策をすれば新居浜高専に受かるの?
  • 新居浜高専合格の偏差値、ボーダーは?

なんて思っているのではないでしょうか。  

 

毎年多くの県立高校合格者を輩出する学習塾愛大研のプロ講師の目線で新居浜高専に合格するために

  • 必要な内申点
  • 試験の点
  • 偏差値、ボーダーライン

について解説し、合格に向けた戦略を紹介しようと思います。

必要な当日点だけ早く知りたい!というあなたは以下目次の

【新居浜高専合格に必要な得点は?】 からご覧ください。

国立高専の受験システム

国立高等専門学校の入試問題は全国一律で同じです。

入試問題も、愛媛県の県立入試と比べると難易度は少し高めに設定されています。

 

また、推薦入試の募集人数は、各学科の募集人員の40%としているのが特徴です。

半分近くの学生を推薦入試で募集しているということですね。

 

推薦入試では主に、面接と調査書(内申点)で評価されます。

推薦入試の出願資格を見ると、

5教科の平均評定が3年生1,2学期ともに3.8以上

または数学・理科の評定平均が3年生1,2学期で4.5以上

であることが求められます。

普段から勉強をする習慣がなければこの水準の内申点を確保するのは難しいです。

 

県立入試の調査書点(内申点)の評価と違い、

3年生だけの点数なので逆転合格を狙いやすいとも言えます。

県立高校入試は1~3年生全ての内申点が入試で必要となります。

関連記事→【愛媛県立高校入試の仕組みやボーダーラインは?】対策方法も解説

 

また、国立高専の学力選抜は、県立高校の入試と併願が可能です。

県立高校が第1志望であったが、国立高専も受験するということが可能です。

このことはあまり知られていないので、ぜひ頭の片隅に置いておいてください。

新居浜高専の入試科目、偏差値、ボーダーラインは?

入試科目、倍率

以下は、入試科目と各配点です。

科目 数学 国語 英語 理科 社会 合計
点数 200 100 100 200 100 700

工業高等専門学校だけあって、数学・理科の配点が高いのが特徴です。

 

倍率は学科や年によって大きく変動しますが、

1.2~2.5倍程度で推移しています。

※参照:令和4年度倍率(新居浜高専公式ホームページ)

偏差値、ボーダーライン

新居浜高専の偏差値61と言われています。

 

合格最低点は非公表なので、入試得点のボーダーは一概には言えませんが、

得点率75%程度、とされています。

これは全国どこの高専も同じくらいの水準であるといえます。

新居浜高専合格に必要な対策は?

今治北高校 入試対策

ここからは新居浜高専の受験を考えるにあたって必要な勉強法などを解説していきます。

新居浜高専合格に向けた対策

ここからは、新居浜高専に合格するためにどのような対策を立てるべきか、以下の3段階に分けて解説します。

基本的には県立高校の入試とやるべきことは変わりません。

  1. 自分の現状を把握する
  2. 科目ごとに、どのような勉強をすればよいか知る
  3. 過去問の研究

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

なお、必要な内申点や試験の点数はこの項の最後に解説します。 順を追って解説していますので、じっくり読んでみてください。

自分の現状を把握する

まずは、自分の得意教科は何で、苦手教科は何かについて、過去の模試やテストを見て分析していきましょう。

5教科全て同じ点数を取ることを目標にする必要は、必ずしもありません。

例えば、数学が苦手なのならば、重点的に数学の勉強をするべきでしょうし、英語の長文読解が苦手なのであれば毎日英語の長文を読んで慣れていく必要があるでしょう。

苦手科目の克服に時間がかかりすぎてしまうのであれば、得意科目をもっと伸ばすことも有効でしょう。   得意と苦手を把握したら、各科目で目標を決めて勉強に取り掛かりましょう。

入試はトータル点での勝負です

あなたの特徴を活かした点数配分で合格を目指しましょう。  

また、これまでの自分の内申点についても確認してみましょう。 目安となる内申点にこのままの勉強で届くのか、どの科目に力を入れれば内申点が上がるのか、ということを分析するのが重要です。

科目ごとの勉強法

新居浜高専合格のために、科目ごとにどのような勉強をすればいいのかを知ることが重要です。

こちらを踏まえて、ここからは、5教科それぞれの勉強法を紹介していきます。

国語

国語は、まずは漢字や文法知識といった基本的な問題で点をしっかり確保することが大切です。

漢字は、集中的に勉強するのではなく、普段の授業や読書を通して、漢字を読む、書くことに慣れておくようにしてください。 文法は、「文節相互の関係 (主述の関係,接続の関係など)」、「品詞の分類 (動詞,副詞,感動詞など)」から復習していくのがオススメです。

  長文問題は、高専は県立高校と比べて比較的に難しいです。まずは抜き出し問題を確実に得点できるようにしましょう。県立高校の入試問題と比べると、ただ漠然と読むのではなく、文の構成や筆者の主張を意識して、普段から長文に触れることが得点アップに繋がります。始めはゆっくりと時間をかけながらで構いませんので、文章の中から答えになる部分を見つける練習をしてみてくださいね。

古文の問題は、できるだけ多くの演習を通して、古文に慣れる事が重要です。それが、本番の長い古文の問題に動揺しないことに繋がります。スピーディーに読解できる力が身に付くまで、演習を繰り返しましょう。   作文は、資料を基に自分の意見を分かりやすく述べる能力が必要です。それを身に付けるために、多くの作文問題を解いてください。

ここで、意識してほしいのが、時間を計って行うことと、先生の採点を受けることです。国語でより良い点を取るためには、作文で点を落とさない事が大切です。しかし、作文の力は短時間で身に付くものではありませんので、多くの問題を冬休み明けくらいから解いて、慣れておきましょう。

数学

数学で大切なのは、大問1の計算問題で絶対に落とさないことです。計算ミスを多くするようであれば、速く確実に問題が解けるようになるまで、ひたすら計算に取り組みましょう。計算力が身に付けば大問2以降の問題でも計算ミスによる失点を防ぐことができます。

数学で点数をあげるための効率的な方法は、過去問で出た内容を重点的に勉強することです。 具体的には、連立方程式、一次・二次関数、規則性、合同・相似証明があげられます。 これらの問題は、配点も大きいです。 また、連立方程式や一次・二次関数、証明問題は、問題の傾向がある程度似通っていますので、多く類題を解けば解くほどそれが直接得点アップに繋がります。

規則性の問題は、苦手意識を持っている人もいるかもしれませんが、数学で高得点を取るため不可欠な範囲です。これも模試や本番形式の問題を多く解いて、【規則性を数式にする】という感覚を身につけましょう。 

社会

社会では、歴史・地理・公民から出題されます。

どの範囲でも共通して言えるのが、用語などの、確実に答えられる問題を増やすことです。そのインプットが進んできたら、過去問を解いて形式に慣れることももちろん欠かせません。  

歴史分野では、幅広い時代から出題されていますので、苦手な範囲を作らないようにしましょう。日本史が多く出題されますので、年号や時代区分を意識した勉強を行うことで、年表問題にも対応できます。

地理分野では、資料や地図を使った問題が出題されますので、用語などのインプットだけでは対応できません。普段からグラフや図表を合わせた勉強をおこないましょう。教科書を見るときは文章だけでなくグラフや地図も一緒に確認することをオススメします。

公民分野では、政治・経済分野から幅広く出題されますので、歴史と同様、苦手な範囲を作らないようにしましょう。また、用語をただ暗記するのではなく、政治や経済の仕組みを理解し説明できるようにしておくと得点が安定します。

理科

理科は、物理・化学・生物・地学分野から幅広く出題されます。そのため、自分の苦手な範囲から勉強することが効果的でしょう。

記号問題が多く出題されるとはいえ、問題数が比較的多いので、基本的な問題で時間を割きすぎないように、過去問を解いて時間配分を調整できるようにしましょう。  

理科は用語を覚えるのも重要ですが、それよりも、その実験が何を観測するもので、それぞれの現象がどのような理屈で起こっているのか、ということを理解する方が重要です。

例えば中学2年生の化学範囲である炭酸水素ナトリウムの分解で言えば、物質の名前を暗記するのではなく「熱分解すると炭酸ナトリウム、水、二酸化炭素ができる。このとき水が熱している部分に逆流すると急激な温度変化で試験管が割れてしまうため、試験管の底は高くしておかなければならない。水は塩化コバルト紙が桃色になるかで判断できる。」といった具合です。

英語

英語は、まずは基本的な単語や連語の意味を押さえる事が重要です。

どの問題でも、単語が分からないと内容の読み取りに苦労するので、これまでに教科書に出てきた単語をしっかり復習しておきましょう。

おすすめは、新しい文法や単語を習った時に、自分で英作文を作ってみることです。

そうすることで、英語に慣れる事ができ、英作文や文法問題の得点率を上げることができます。

リスニングは、難しい内容はでてきませんので、イラストを見て、言われた内容としっかり結びつけられるように練習しましょう。 長文読解も、習った内容を理解出来ていれば、決して難しい文章ではありません。不安な文法事項を勉強したあとは、長文の内容を理解できるように、多くの問題に取り組んで慣れていきましょう。

過去問の研究

3年生の後半の時期には、過去問を解くことが重要です。

過去問を解くことで、自分の苦手な部分が分かるだけでなく、どのような形式で問題が出るかが分かります。

毎年の出題傾向は、あまり大きく変化していませんので、もし本番まで時間が足りるか不安な場合は、より得点アップにつながりそうな分野を重点的に勉強することもできます。

例えば、数学の場合は、規則性、証明、連立方程式の問題を確実に解けるようになるだけで、大きな得点アップが期待できます。  

過去問を解いてみて、いきなり高得点を取るのは難しいです。

また、過去問は数年分はネット等から入手できます。 一度過去問を解いて、復習をしたら、最低でも1週間は期間を置いて、テストを見据えた勉強をした上で、次の過去問に取り組むことをおすすめします。

受験に向けた計画の設定

高校 計画 ここまでの分析を踏まえ、どのような計画を立てて勉強すればいいのかを、以下の時期ごとに分けて解説していきます。

  1.  1・2年生
  2.  3年生 1学期まで
  3.  3年生 夏休み
  4.  3年生 2学期
  5.  3年生 冬休み
  6.  3年生 3学期

1・2年生

1・2年生の時期は、とにかく日々の定期テストに力を入れることが大切です。

3年生になって、内申点を急にあげることは正直難しいです。

そうすることで、高専以外の県立高校にも出願が可能になるので、選択肢の幅も広がります。

 

テスト勉強を必死にして、少しでもいい評定が貰えるよう努力しましょう。  

3年生の後半になったら、2年生までの範囲の復習をしなければならない時期が必ず訪れます。その時、過去のテストで必死に取り組んだ人とそうでない人とでは、労力や必要な勉強量が全然異なります。

  部活動などで忙しい人も多いと思いますが、自分の苦手な範囲の復習や、先の範囲の予習は、適宜自主的に行う事が重要です。このような勉強習慣を身につけることも、受験においては必要です。

ここで強調しておきたいのは、 受験というのは実質的には1年生から始まっており、その意識を持って勉強を重ねることで、後々大きな差を生むということです。

3年生 1学期まで

3年生になっても、定期テストに力を入れるという姿勢は変えずに、新しく学習する範囲の勉強を進めていきましょう。 英語や数学は、より複雑な範囲が登場しますので、特に自分が苦手だと思う分野は、疑問点が残らないようにすることが大切です。

3年生 夏休み

3年生の夏休みは、授業が進みませんので、今まで学習してきた範囲の復習をするチャンスです。

この夏をどう過ごすかが志望校合格に直結するといっても過言ではありません。 しっかりと学習計画をたて、日々の勉強量をこなしていきましょう。

このくらいの時期からは、教科書の内容を暗記するだけでなく、市販の問題集などを通して問題を解く練習を始めることで、効率的に勉強できるようになります。

夏休みは毎日、1・2年生の範囲を中心に、最低一冊の参考書、もしくは問題集を決めて、毎日解くようにしてください。 ここで重要なのは、一度解いて終わりにしないことです。

同じ問題でも、2・3周することでより確実な知識が身につきます。反対に、1周解いただけで、別の問題集に移行するのは、効率の良い勉強法とは言えません。

ちなみに、私の指導する愛大研では最低3周は問題集を解くことを義務付けています。   また、問題を解き終わったらそのままにするのではなく、見直しをしましょう。 「なぜ間違えたのか」、長文読解なら「模範解答と自分の解釈でどこが違っていたのか」を解説を見ながらしっかりと見直すことで、次に同じような問題が出た時に正解できる可能性が大幅に高まります。

反対に、自分が間違えた問題を復習せず放置するといつまでたっても解けないままになるので気を付けてくださいね。

3年生 2学期

3年生の成績を決める上で最も重要な2学期の期末テストがあるので、テスト期間以外にも、日頃から期末テストを見据えた復習をすることが大切です。

3年生の内申点を決める最後のテストですので、いつも以上に日々の勉強を大切にしましょう。期末テストが終わったら、いよいよ本格的に1・2年生の範囲の復習を行いましょう。

これまで定期的に復習を行ってきた人は、自分がどの範囲を重点的に学習すればよいかわかるはずです。もし、どのように1・2年生の範囲の復習をすればよいかわからない人は、過去に解いた実力テストや期末テストを見て、自分が特に得点率が悪かった部分を確認するようにしてください。

そのうえで、忘れている基本的な部分を教科書や参考書で確認し、問題を繰り返し解いて、アウトプットを通して知識の定着を図りましょう

3年生 冬休み

こちらも夏休み同様、復習をするチャンスです。とはいっても、夏休み程長い期間が取れるわけではないので、効率の良い勉強をする必要があります

具体的には、過去問を1年分だけ解いてみることがいいでしょう。もちろん、まだ学習していない範囲があると思いますので、すべての問題が解けるわけではないですが、それでも多くの問題が解けると思います。

主な目的は、入試本番の具体的な問題傾向や難易度をつかむことです。 自分の実力がどの程度通用するのか、どれくらいのレベルまで達する必要があるのか、というような明確なイメージが分かるでしょう。

繰り返しになるようですが、その過去問で得点率が低かった分野が、自分の苦手な分野だということを自覚しましょう。その類題を参考書等から探して、繰り返し解くようにしましょう。

特に数学は、問題傾向が似通っていますので、同じような問題を解けば解くほど、それがそのまま得点アップにつながるのです。

3年生 3学期

3年生の3学期になると、全ての科目で入試本番に出題される範囲を学習し終えるでしょう。それが具体的にいつになるかは学校によって異なりますが、その新しい範囲が弱点にならないように、授業に集中して取り組みましょう。

特に、理科は終盤に天文分野を学習しますが、この範囲を苦手とする受験生は多くいます。受験に近い時期に習う人が多いですが、理解が不十分なまま本番に臨むことのないようにしましょう。

また、この時期になると、新しいことを吸収するよりも、より多くの過去問や本番形式の問題を解いて、間違えた部分を復習することで、知識の穴を埋めることが重要です。発展的な問題に挑戦するより、基礎~標準レベルの問題を確実に落とさないようにしましょう。

課題を明確にして、合格を掴もう

  いかがでしたか? 新居浜高専合格のためには、内申点を上げる、自分の苦手教科を克服するなど、自分の課題を明らかにして、勉強の指針を立てることが大切です。

自分の現在地を確認した上で、効率の良い勉強方法を確立することが、新居浜高専合格のためには不可欠です。

しかし、このような課題設定や、学習計画の設定に不安を覚える方も多いと思います。 そんなあなたには、この記事を作成した愛大研がサポートを行いますので、 是非ご気軽にご相談ください。

この記事を読んでくれたあなたが、課題を克服し、新居浜高専に合格できることを応援しています。

愛大研、愛大家庭教師研究会では無料体験授業を行っています

本記事で、愛大研愛大家庭教師研究会に少しでも興味を持ってくださった方や、 「逆転合格で第一志望合格を狙いたい!」という方は、 まずはご気軽に無料体験授業にお越しください!

オンライン指導にも対応しています!

愛大研紹介記事→E判定からの逆転合格を生み出す松山市の学習塾『愛大研』の無料体験授業とは? ともにあなただけの志望校合格のプランを立てませんか? お待ちしています。

愛大研の無料体験授業のお申込はこちらから

 

 

コメント