愛媛大学医学部医学科に合格するには【傾向と対策をプロが解説】

愛媛大学医学部医学科に合格するための戦略や計画を紹介! 愛媛大学各学部対策

こんにちは。愛大研公式ブログ編集部の縄田です。

 

この記事をご覧になったあなたは…

  • 医師を目指して愛媛大学医学部医学科への合格を狙っている
  • 医師になりたいが、どこの大学を目指すべきか決めかねている
  • 愛媛大学医学部医学科の難易度ってどれくらいなんだろう…

など、さまざまな悩みを抱えておられるかもしれません。

そんなあなたに向けて、愛媛大学医学部医学科の入試結果分析を行い、

そこから合格に向けた受験戦略について解説していきます。

ぜひ、進路選択の参考にして下さいね。

愛媛大学医学部医学科の入試状況

受験をするうえで、まず一番初めにすることは志望校や学部の入試状況を知ることです。特に医学部となると早くから対策をしなくてはならないので、できれば1年生の時から入試状況は知っておきましょう。

ここでは前期試験の「入試科目・配点」と「入試結果」に分けてみていきましょう。

入試科目・配点

まずは、入試科目について確認してみましょう。

医学部医学科では以下のようになっています。
共通テスト(450)+2次試験(700)計1150点満点
 
共通テストの配点は以下のようになっています。
国語 数学1A 数学2B

理科

(生・化・物・地学から2つ選択)

外国語 地歴公民
100 50 50 100 100

50

※公民は「倫理・政治経済」のみ受験可能です。
 
 
2次試験では以下のようになっています。
数学 理科 総合問題 面接
200 200 200 100

総合問題の対策は後述します。

また、2次試験の配点比率は約60%です。

国公立の医学部医学科なので当然ですが、2次試験の方が配点率は高いです。

愛媛大学の他の学部と配点割合と比較しても、他学部は30%前後~40%前後なので非常に高いことがわかります

2次試験対策中心に進め、マーク式が苦手な人は11月から、それ以外の人でも12月には共通テスト対策を始めましょう。

2次試験中心とはいえど、共通テストでつまずくと後に引きます。

 

↓引用データ↓

令和3年度愛媛大学入学者選抜要項

令和3年度一般選抜学生募集要項

 

入試結果

ここでは過去3年間の医学科の入試結果を確認してみましょう。

  実質倍率

共通テスト

最低点

2次試験

最低点

総合点

最低点

令和3年度 4.8倍 337 476 852
令和2年度 6.6倍 430 482 952
平成31年度 4.8倍 446 460 947

※数字は小数点を四捨五入しています。

※平成31年度、令和2年度はセンター試験の得点であり、当時は国語の点数200点だったため、合格者最低点が100点近く変わっています。

愛媛大学は全国の国公立大学の中でも倍率は比較的高いです。

言うまでもありませんが、周りは共通テスト9割近く得点する受験生ばかりなので、激しい争いになります。

 

愛媛大学医学部医学科の合格に向けた受験戦略

受験をする上での戦略を示しています。

続いては合格のための戦略を練っていきましょう。

医学部医学科を目指す人は、2次試験対策を重点的に行うことが求められます。

地歴公民は共通テストだけなので、授業での予習・復習を入念に行うだけでも力はついてくると思います。そのため戦略としては、2次試験に受験する科目である数学・理科・英語(総合問題)の対策に力を入れましょう。

その戦略の第一歩としては、やはり数学・理科・英語の徹底的な基礎固めが重要です。

共通テストでは数学・理科・英語は9割を目指し、苦手分野を完全になくしていきましょう。

愛媛大学医学部医学科の各科目の具体的な対策

医学部医学科を目指していく上で基礎の早期定着の重要性は何度も述べてきました。

ここでは、対策のポイントを述べていきます。

また、2次試験では全ての教科で7割を目指しましょう。

数学

数学は、現役合格をしっかり狙いに行くならば、数学1A、2B、3までの履修を高校1,2年のうちに終わらせておくのがベストです。

1,2年の間はチャート式など、網羅系と言われる問題集を用いて典型問題を一通り解けるようになることが目標です。

この記事ではこれが数学における基礎の基準とします。

また、余裕があれば、一対一対応の演習等で、“応用問題の典型問題”と言われる問題も解けるようにしておきましょう。

医学科の2次試験において、数学は応用問題の応用問題と言われるようなかなりハイレベルの問題が出題されます。

そのため、高校3年生の期間は、できる限り演習(初見の問題に対していかにアプローチするかを鍛え、典型問題のアウトプットを行うこと)を行うことが重要です。

とはいえ、基礎は疎かに出来ないので、6月までは典型問題の網羅や苦手分野の克服期間として良いでしょう。

夏休み頃から演習に力を入れていきましょう。愛媛大学医学部医学科の過去問や難関大学の過去問を中心に解いて、2次力をしっかり養成しましょう。

遅くても、12月頃から共通テスト対策をしましょう。共通テストの配点が低いとはいえ、対策を疎かにすると痛い目を見ます。

本番までにセンター試験の過去問を合わせ、10年分はやっておくことをおすすめします。

総合問題

総合問題とは、一般選抜学生募集要項に以下のように書いてありました。

英文の文章を読んだ上で、その内容に関連した事項について日本語で記述させる問題や自らの考えを英語や日本語で記述させる問題を出題します。

このことから、大学側の意図として、

英語は読めて当然であり、その上で内容を的確に読解できているか、また記述問題を通して論理展開力、記述力を問うていると考えられます。

英語力が土台となった上での総合問題です。問われていることに解答するためには普段からの長文問題演習や英作文のストックが欠かせません。

受験者のレベルが高いため、意味の通じる小慣れた和訳が求められます。英文解釈の透視図などを用いて時間をかけて和訳演習を行っていきましょう。

英作文に関しては、ドラゴンイングリッシュなどを用いて、できる限り多くの日本語から英語の文を覚えておきましょう。覚えれば覚えるほど本番で使えるフレーズが増えて有利です。

また、問題演習の際は必ず第3者の添削を受けましょう。自分では気づけなかったミスに気付いてもらえます。

たくさん練習して、他の受験生とここで少しでも差をつけましょう。

理科

愛媛大学医学部医学科では、物理と化学の組み合わせのみで受験できます。

2科目計100分の試験です。1科目あたり50分の時間を割ける計算となります。

物理

愛媛大学2次試験の物理の難易度は、他大学からみると標準レベルと言われています。

出題される単元は力学・熱力学・電磁気・波動です。しかし、大問が2題しかないため、苦手な単元が出題されると命取りとなってしまいます。

偏りのない学習、苦手を埋める学習を心がけましょう。

先述のように、医学科では大問2題が指定されるのですが、小問の前半はそれほど難しくないです。

確実に得点して、他の受験生に差をつけられないようにしましょう。

後半の難易度の高い問題に対して、時間をどれだけ残せるかが勝負となります。典型問題は瞬時に解答できるようにセミナー物理などの教材で基礎をしっかり固めて挑みましょう。

化学

大問5題構成で、難易度も標準的なレベルであり、各大問ごとに小問が設定されています。

大問数が多いため、出題される範囲もそのぶん広いです。範囲を絞ったり、苦手単元を放置することはリスクが大きいため、全体的に広く深く知識を詰めていく必要があります。

こちらもセミナー化学で十分対応可能ですから、1冊を完璧に仕上げていきましょう。

得意を伸ばすことももちろん大切ですが、愛媛大学医学部医学科では理論、有機、無機、いずれも苦手な分野にしないことがより重要です。

時間も約50分と限られているため瞬時に正確な計算や図をかけるよう日々練習しておきましょう。

物理、化学いずれも、目標得点率は70%です。

あなたに合った対策で合格を勝ち取ろう!

国公立医学部を受験するのであれば共通テストで8割5分以上を得点することが理想的です。その段階に達するのが早いほど、2次試験の対策に時間を回すことができます。

そのためには、計画的な受験勉強が重要となります。

前提として、まずは自分の現状況・学力を知ることが大事です。あなたの現状に合わせて計画を立てるため、当然その計画は人それぞれ異なります。もし自分で計画・戦略を立てられない人や心配がある人はぜひ愛大研にご相談ください。

愛大研では無料体験授業を行っています

本記事で、愛大研、愛大家庭教師研究会に少しでも興味を持ってくださった方や、「逆転合格で第一志望校を狙いたい!」という方は、気軽に無料体験授業にお越しください!

愛大研の紹介記事→E判定からの逆転合格者を生み出す松山市の学習塾『愛大研』の無料体験授業とは?

ともにあなただけの志望校の合格プランを立てませんか?

お待ちしています。

 

愛大研、愛大家庭教師研究会では無料体験授業を行っています。

 

コメント