愛媛大学教育学部に合格するには?【対策と傾向をプロが解説】

愛媛大学教育学部に合格するための戦略や計画を紹介 愛媛大学受験情報

こんにちは。愛大研公式ブログ編集部の芝です。


今回は愛媛大学教育学部への合格を狙うあなたに向けて、愛媛大学教育学部の入試結果分析を行い、そこから合格に向けた受験戦略受験計画について解説します。

実際に現役の塾講師として指導している経験を踏まえ、愛大合格経験者としてエピソードなどを交えながらお伝えしていきます。

対策や勉強法といっても、過去問の解き方や参考書選びを解説するのではなく、

あなたがどのように対策をしていけばいいかを、以下の

  1. 愛媛大学社会共創学部の一般入試について
  2. 社会共創学部合格に向けた受験戦略と受験計画

という2ステップで解説していきます。

愛媛大学教育学部の入試状況

愛媛大学の入試状況

受験対策をするうえで、志望校や学部の入試情報を知ることは非常に大切です。そこで、この記事では愛媛大学教育学部の前期試験の情報を「入試科目・配点」と「入試結果」に分けて見ていきましょう。この記事では前期試験について書いていきます。

入試科目・配点

まずは入試科目について確認してみましょう。

→令和2年度愛媛大学入学者選抜要項

教育学部には様々なコースがありますが配点では主に特別支援教育コースとそれ以外に分けることができます。まず、特別支援教育コース以外のコースでは以下のようになっています。

  国語 外国語 数学 地歴 公民 理科 面接 合計
センター試験 200 200 200 100 100 100   900
二次試験 (200) (200) (200) (200) (200) (200) 150 350
 
センター(900)+二次試験(350) 計1250点満点
 
(二次試験はコースにより科目は異なるが、どのコースでも面接が150点満点であり、残りの200点がそれぞれのコースでの科目になっている。)
地歴公民と理科に関しては、どちらかが200点でどちらかが100点になります。例えば、地歴公民を日本史と政治経済を使用する場合、理科では1科目だけ選ぶことができ100点になります。

 

次に特別支援教育コースでは、次の通りです。

センター(800)+二次試験(350) 計1150点満点 
 
二次試験の内訳は面接150点、国語・数学・理科・外国語から1科目選択し、200点となっている。

この2つの違いとしては特別支援教育コースでは地歴公民から1科目だけ選択なのに対し、それ以外のコースでは地歴・公民からそれぞれ一科目もしくは理科から2科目選ぶという点です。

これはほかの学科にも共通することですが、センター試験の英語・国語・数学の割合がセンター試験全体の3分の2以上を占めています。

試験全体で見ても約半分を占めていることから、教育学部では英語国語数学の主要3教科が重視されていることがわかります。

ここからは募集人数が一番多いという点より、主に初等教育コース小学校サブコースを代表に取り上げ説明していきます。小学校サブコースのセンター試験の科目ごとの点数の内訳は以下のようになっています。

入試結果

ここで過去3年間の小学校サブコースの入試結果を確認してみましょう。

 

センター平均点

センター最低点 二次平均点 二次最低点 総合平均点 合格総合最低点
平成31年度 613 560 270 214 883 837
平成30年度 592 534 279 228 872 828
平成29年度 595 525 260 193 856 790

この表を見る限り、教育学部の総合点は上昇傾向にあることがわかります。

そして、受験戦略を立てる上で大切になってくるのが合格総合最低点(合格者最低点)です。

これは、その年に【合格した受験者の中で最低の点数】ということです。つまり、もしその年に受験していたとした時に、この点数を取ることができていれば合格だった点数になります。

この合格者最低点を過去のデータから分析することで、自分が受験する年の合格者最低点を予測することができます。

その予測した点数を越えるように、受験計画を立てていくのです。

合格者最低点については以下の記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

関連記事愛媛大学の合格最低点から考える【愛大のレベルと目標点】

愛媛大学教育学部の合格に向けた受験戦略

合格に向けて戦略を立てることが大事です。受験状況で得た内容をもとに考えます。

あなたの目指す学部の入試情報がわかったところで、続いては合格のために戦略を練っていきましょう。今回は、以下の4点に分けて解説します。

  1. 自分の現状を把握する。
  2. 早い段階で基礎固めをする。
  3. まずはセンター対策!
  4. 実は大事な地歴公民。

それぞれについて詳しくお伝えしましょう。

1.自分の現状を確認する

最初にすることは、なんといっても今の自分の現状を知ることです。

現状を知る1つの方法としては学校での模試を振り返るというものがあります。まだセンター対策の模試を受けたことがない人は、一度センターの過去問やセンター対策の模試の過去問を解くことをお勧めします。

模試の結果と目標とする点数とのギャップをなくすことができるようにすれば合格にグッと近づきます。特に英語・国語・数学の三教科では7割ほど取りたいところです。そこで7割を取る方法を解説していきましょう。

2.早い段階から基礎固めをする

センター試験では主に基礎的な部分が問われます。例えば数学であれば公式を知っているだけで解ける問題が多々あります。その問題を確実に正解できることが安定して7割を取るためには重要になってきます。英語・国語においては何といっても単語です!

単語さえ知っていればある程度の文章を読むことができます。覚え方については後程説明しますね。現代文は単語の勉強なんていらないと思うかもしれませんが、過去問を解いてみると分かると思うのですが難しい単語が多々出てきます。

わからない単語は推測することも大事ですが、少しでも意味のわかる単語数を増やすことで容易に読み進めていくことができます。また、数学では公式を覚えることが非常に重要です。公式を知らないと全く解けないといっても過言ではありません。単語・公式は優先して取り組むべきです。

3.まずはセンター対策!

センター試験と二次試験どちらから対策したらいいの?と悩む方もいると思います。

そんな人にはぜひセンター試験の方から対策することをお勧めします。理由としてはやはりセンターは基礎的なことが問われるため、まずは基礎を固めることが大事だからです。

無理に二次試験の方に手を出してしまうとかえって自信を無くす可能性もあります。私事ですが、私も実はそのことを経験し立ち直るのに時間がかかりました(笑)。また教育学部全体を見てもセンター試験は得点の7割を占めます。

そのためセンター試験であまり点が取れないと二次試験で逆転合格をすることはかなり難しくなってきます。これらを踏まえまずはセンター対策をすることをお勧めします。

4.実は大事な地歴公民

このタイトルを見て結局全部大事なのかと思う方も多いと思います。

そうです、結局どれも大事なんです。なぜ大事なのかと申し上げますと、地歴公民と理科に関しては傾向がつかみやすく、勉強量がそのまま点数に比例しやすいからです。それらで点数が取れるようになると、センター試験の得点率が安定し、大コケする可能性が激減します。

これは私の実体験なのですが、私はセンター試験で歴史と政治経済を受験しました。しかし私はこの2教科は入試で使う予定ではなかったため全く勉強しておらず、センター対策の模試では5割、ひどいときには4割を切る時がありました。

もし志望校に合格できなかったらどうするのかと考え、これではだめだと焦り始めたのがセンター試験1カ月前。。そこから努力し、過去問では安定して8割を取れるほどになり、良いときには9割を超えることもありました。その経験から地歴公民をおろそかにしてはいけません!

愛媛大学教育学部の合格に向けた受験計画

ここでは1年間の受験計画を立てています。やはり計画を立てて勉強することが合格するための必須条件になります。

ここからは1年間を通して、どのような勉強をすればいいのかについて解説します。科目ごとに以下の季節に分けてお話していきましょう。

前述した合格者最低点を越えるように、まずは受験計画を立ててみることが大切です!

  1. 冬(センター試験まで)
  2. 冬(センター試験後)

1.春

春はとにかく1, 2年の復習と基礎を固めることが大事な季節です。

英語

英単語帳1冊を終わらせましょう。終わらせるといってもただ読むだけではありません。完璧に覚えれるまで読み込みましょう。私が実際にやっていた方法を紹介しましょう。

  1. 1日200語ずつ進め、5日間で1000語を終わらせる。
  2. 6日目からは、1日目にやったところから200語ずつ英単語と意味を考える。
  3. こうして200語終わったら、赤シートで隠して再度読み、意味がわからなかったところに「正」の字をつける。
  4. さらに200語終わったら、「正」の字のついているところだけを繰り返し、わからないところには再度「正」の字をつける。

これを繰り返すことで、1ヶ月で1000語を6周することができます。6周も繰り返すので、嫌でも身につきますよ!また並行して参考書の基本的な文法も覚えていきましょう。

国語

国語は一番手間のかかる古文をまずは勉強していきましょう。現代文・古典両方とも並行してできればベストですが無理だけは禁物なので、まずは古文から始めることをお勧めします。また古文は覚えることがとても多くあります。特に単語は毎日欠かさず勉強することで身についてきます。

地道な作業ではありますが、この努力が後々ものすごい力を発揮してきます。文法も覚えることが多いのでコツコツ進めていきましょう。

数学

数学もまずは公式を覚えることから始め、覚えた後はその単元の問題をひたすら解きましょう。覚えるだけでなく、実際に問題を解くことでさらに知識が定着してきます。

ⅠAⅡBのどれから始めるかは個人によって変わると思いますが、苦手なものに時間がまだかけられる時期ではあるので、苦手なものから取り組んでもいいです。

地歴公民

既に習っている範囲はしっかりと復習しておきましょう。ここでのがんばりが後々に生きてきます。歴史においては流れを理解することが大事です。1つの出来事にはそれが起こる理由や流れがあるはずです。部分を暗記するのではなく、全体を”理解”しましょう。

公民に関しても流れを理解すべきところがあります。例えば裁判の流れです。授業ではどんどん新しい知識が入ってくるのでそのたびに覚えていけれるようにしたいところです。

2.夏

苦手分野を夏休みでどれだけ無くせるか、また基礎を定着させることが大事です。

英語

覚えた知識を使う時が来ました。センターの過去問を何年分か解いてみましょう。

しっかりと春にしたことが身についていれば、6~7割ほど取れると思います。しかし、ここで時間内に解ける人はなかなかいないと思います。

そのため時間内に解けるように1つの大問にかける時間を設定します。そのときに見直しをする時間を踏まえて制限時間内より早く終わらせれるように設定することが大事です。長文を早く読み切るためには速読の練習をしましょう。時には精読も大事ですが、基本的には速読をすることが鉄則です。

また、とにかく長文を読む練習をしましょう。本屋やネットに多くの速読法があるので自分に合ったものを試してみてください。また過去問を解くことで自分の苦手とするところが見えてきます。夏休みにはそこを集中的に勉強し克服しましょう。

単語は覚えたと思っていても時間がたてばだんだん忘れてくるものです。単語は継続して勉強していくことお勧めします。

国語

漢文に力を入れましょう。漢文はコツさえつかめば安定して点が取れる科目です。そのため単語や文法を覚えた後はとにかく問題を解きコツをつかむことが大事です。また英語同様センターの過去問を解きましょう。ここで大事なのはしっかりと解説を読むことです。

どういった理由・根拠からこの答えになるのか、それを理解することが大事です。国語は似たような選択肢が多くあり、どちらが正解かなと悩むと思います。それを確実に正解するためにも解説をしっかり読むことはとても大事です。また、過去問で見つかった苦手は夏休みの間に克服できるようにしましょう。

数学

数学もセンターの過去問を解きましょう。また一問一問の解くスピードを上げるために問題数を増やすことも大切です。英語・国語同様、見つかった苦手な範囲は夏休み中に克服しましょう。

地歴公民

地歴公民においては問題を解くより知識を定着させることが大事です。授業での内容は予習・復習を必ず行い、それで定着させるくらいの勢いで行きましょう。余裕があればセンターの過去問を解いてみるのでもいいです。

地歴公民の解説は比較的充実しているので流れや単語を理解できるようにしましょう。時間以内に解ききることができると思うので見直しには時間をかけましょう。

3.秋

二次試験対策とセンター試験の勉強を両立するため、時間の有効活用が非常に重要です。

英語

二次試験の対策を始めましょう。もし二次試験で使わないなら苦手分野をとにかく克服していきましょう。個々で苦手を無くしていると自信をもって試験を解くことができます。また、リスニングや発音・アクセントに取り組むのもいいいいです。リスニングはとにかくなんども聞くことで、なんとなく聞き取れるようになってきます。

関連記事【プロが解説】愛媛大学二次試験(英語)の傾向と対策

また、センター試験のリスニングよりも速いスピードで聞くことで、本番でいつもより遅く感じるため、聞き取りやすくなります。発音・アクセントにはルールがあるのでそのルールを覚えることに力を注ぎましょう。

なお、センターでは同じ単語が用いられることがあるので、過去問で解いた単語の発音・アクセントは覚えるようにしましょう。

国語

二次試験の対策を始めましょう。もし二次試験でで使わないならセンター対策に力を注ぎましょう。そろそろ時間配分が決めれると思います。できるだけ評論と古文には時間を使いたいので、物語文と漢文にはあまり時間をかけないようにするのがお勧めです。

数学

二次試験の対策を始めましょう。もし二次試験で使わないなら苦手分野を無くしていきましょう。問題数が増えることで解くスピードも上がってきます。しかし途中式を書かずに解くことはあまりお勧めできません。

なぜなら見直しをする際や途中で間違いに気づいたときに、どこから間違っているかわからず、また始めから解くパターンになりがちだからです。そのため途中式は書くようにしましょう。

関連記事愛媛大学二次試験(数学)の傾向と対策【例題解説もあり】

地歴公民

夏と同じように進めましょう。またそろそろセンター試験の問題を解いてもいいです。習っているところを目標タイムより早く解ききることを意識して解き進めましょう。

4.冬(センター試験まで)

あと少しです。1つでも多く問題を解き、形式に慣れましょう。どの教科でも、センター試験の過去問をとにかく解くことが合格への近道です。

英語

とにかくセンター試験の過去問を解きましょう。解く順番も変えてみて一番合う解き方を見つけることが大事です。ある程度過去問を解いたら、各予備校が出しているセンター対策問題集を解きましょう。最新の出題傾向なので出てきた文法・発音アクセントは覚えるようにしてください。

国語

英語と同じです。どんどんセンターの過去問を解きましょう。時間に余裕があれば設問の選択肢を見る前に自分で答えを持ち、選択肢を見る方法を試してみてください。そうすることで選択肢のひっかけにひっかかりにくくなります。また各予備校の問題集にも取り組み、解説をよく読みましょう。

数学

同様にセンターの過去問をひたすら解きましょう。1問でも多く解くことでそれが自信につながります。また各予備校の問題集も多く解きましょう。

地歴公民

同様にセンターの過去問を解きましょう。ひたすらとき、しっかり解説を読み、知識を定着させてください。また予備校の問題にも時間がある限り取り組みましょう。

5.冬(センター試験後)

センター試験後で気が緩みそうになりますが、早く切り替えをし、二次試験対策に取り組むことが大事です。

あらかじめ決めておいた科目の二次試験対策をしましょう。まだ決めていなかった人は、センターの自己採点から1番点が取れた科目を選ぶというのも選択肢の1つです。二次試験は記述なので、採点は担当の先生にしてもらいましょう。

1カ月ほどしかないので過去問を多く解くことに重点を置きましょう。しかし解いていくうえで知識が不十分な点があると思うのでその際には、毎日継続して覚えていくことが大事です。

関連記事【プロが解説】愛媛大学二次試験(英語)の傾向と対策

関連記事愛媛大学二次試験(数学)の傾向と対策【例題解説もあり】

あなただけの戦略と計画で合格を勝ち取ろう!

受験合格の喜びを表しています。ともに合格をつかみましょう。

いかがでしたか?合格への道のりは険しく困難なことも多いと思います。

そのため計画的に勉強をし、苦手を把握し一つずつ克服していくことが大事です。ここであげた勉強は一例にすぎませんので、これを基に自分なりの計画を立てることをお勧めします。自分で立てた方が現実味が帯びてきますよ。

しかし、自分だけで目標を立てるのが不安だったり、やり方がわからない人も多いかと思います。そんなときには気軽にご相談ください。愛大研では、過去のデータはもちろん、あなたの合格への思いとともに、あなただけの合格プランを作成させていただきます。

愛大研では無料体験授業を行っています

愛大研のロゴです。お悩みや体験などがありましたらお気軽にご連絡ください。

本記事で、愛大研に少しでも興味を持ってくださった方や、「逆転合格で第一志望校を狙いたい!」という方は、気軽に無料体験授業にお越しください!

愛大研の紹介記事→E判定からの逆転合格者を生み出す松山市の学習塾『愛大研』の無料体験授業とは?

ともにあなただけの志望校の合格プランを立てませんか?

お待ちしています。

 

愛大研では無料体験授業を行っています。

 

コメント