愛媛大学工学部工学科に合格するには?【傾向と対策をプロが解説】

愛媛大学受験情報

こんにちは。愛大研ブログ編集部の岩佐です。

今回は、愛媛大学工学部工学科の合格を目指すあなたに向けて、入試結果分析をもとに、そこから合格に向けた受験戦略と受験計画についてお話させていただきます。

 

この記事を読んでいるあなたは 「愛大研なんて塾知らなし、本当にこれで合格できるの?」 と思っているかもしれません。 しかし、ご安心ください。私自身が愛媛大学を合格した経験と、塾講師としての指導から得た知識の2点から、プロとして合格に直結する情報をあなたにお伝えします。

この記事では、

  • 愛媛大学工学部工学科入試状況
  • 受験戦略
  • 受験計画

の3ステップで解説していきます。

愛媛大学工学部工学科入試状況

まず初めに、工学部工学科の入試について確認していきましょう。

ここでは、前期試験について以下の2つに分けて解説します。

  1. 入試科目・配点
  2. 入試結果

それぞれについて見ていきましょう。

1.入試科目・配点

まず入試科目配点について確認してみましょう。→令和2年度入学者選抜に関する要項

・理系入試〈社会デザイン以外〉の場合

 国語数学外国語理科社会合計
センター試験10015015015050600
2次試験 200 200 400
合計100350150350501000

・文理系入試〈社会デザイン〉の場合

 国語数学外国語理科社会合計
センター試験150150150150150750
2次試験 200200  400
合計1503503501501501150

上が理系入試の場合の配点で下が文理系入試の場合の配点になります。

愛媛大学工学部工学科の最大の特徴として、理系入試の場合は【数・理】重視、文理系入試の場合は【数・外】重視の配点であることです。

センター試験と2次試験の配点を見てみると、理系入試の場合はセンター試験の【数・理】科目の配点が300点、2次試験が400点となっているのが分かりますね。

 

また、文理系入試の場合はセンター試験の【数・外】科目の配点が300点、2次試験が400点となっています。

理系入試の場合、センター試験と2次試験の合計得点の1000点中700点を【数・理】科目が占めています。一方で文理系入試の場合、センター試験と2次試験の合計得点の1150点中700点を【数・外】科目が占めているのが現状です。

この配点から分かるように、かなり【数・理】ないし【数・外】重視の入試になっていることが分かります。

2.入試結果

過去の入試結果を確認してみましょう。→入学者選抜結果情報

前期試験の合格者情報を見ていきます。

2018配点最高点最低点平均点
理系入試1000805.00615.55668.20
文理系入試1150829.20719.00747.97

このように合格者配点を見ていくと、

理系入試は640点から720点あたり(総合得点の64~72%)、

文理系入試は740点から800点(総合得点の64~69%)を獲得できれば、合格圏内であることが分かりますね。

特に、合格者最低点を取れるかどうかが合否の分かれ目になります。1つの目安として意識しておきましょう。

合格者最低点の重要性については以下の記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

関連記事愛媛大学の合格最低点から考える【愛大のレベルと目標点】

愛媛大学工学部工学科の受験戦略

愛媛大学 工学部 工学科 受験 戦略

次に、受験戦略についてお話ししていきます。

先ほど申し上げたように、理系入試では【数・理】重視、文理系入試では【数・外】重視の入試が行われており、いかに数学・理科・外国語において高得点を取るかが合格できるかどうかを分けるポイントになってきます。

次の表のようにセンター試験と二次試験の配点を比較してみると

理系入試の場合

 国語数学外国語理科社会合計
センター試験10015015015050600
2次試験 200 200 400
合計100350150350501000

文理系入試の場合

 国語数学外国語理科社会合計
センター試験150150150150150750
2次試験 200200  400
合計1503503501501501150

理系入試の場合は【数・理】以外の科目が全体を占める割合は30%ほどで全体を占める割合がかなり小さいことが分かります。また、文理系入試の場合は【数・外】以外の科目が全体を占める割合は40%ほどで全体を占める割合が小さいと言えます。

 

つまり、愛媛大学工学部工学科合格を目標に勉強をするのであれば、

理系入試の場合は文系科目よりも理系科目に多くの時間や労力を費やすべきだと言えます。

文系科目は平均点程度、理系科目は8~9割近くを目指しましょう。

 

文理系入試では、数学や外国語の得点を8~9割近くまで引き上げるために時間や労力を費やすべきです。

国語や理科、社会は平均点程度の点数を取るのがベストと言えるでしょう

 

それでは、理系入試と文理系入試のそれぞれについて詳しく解説していきましょう。

理系入試について

理系入試では、理系科目が占める配点を見て分かる通り、理系科目できちんと点を取りきることが出来る人が合格を決めると言っても過言ではありません!したがって、理系科目に重点を置いた学習を行っていく必要があります。

しかし、やり方も重要で、一生懸命に勉強すればいいというわけでもないのです。理系科目を勉強していく上で非常に重要なことを抑える必要があります。それは、アウトプットが足りているかということです。

 

これまで見てきた多くの生徒がよく口にするのは、「めっちゃ頑張ってるのに、点数が伸びない!」といった言葉です。

しかし実は、そういった生徒の話を聞いてみると、ほとんどが知識のインプットは足りていて、問題の演習ではきちんと解けています。しかし、いざ試験になると解けないといったケースが非常に多いです。

これは何が起きているのでしょうか。

 

それは”自分の身に着けた知識・解法のアウトプット不足”が原因です。アウトプットが足りていないと、「判別式は覚えたけど、何を求めるときに使えばいいのか分からない、この文章はどういう意味か分からない」といったことが起こっているのです。

これを解決する方法は簡単で、解法の目印・キーワードを意識して、自力で問題をたくさん解くことです。これで、どの状況で、勉強した知識を使えばいいか分からない…ということも少なくなります。

文系科目については試験の配点からもわかると思いますが、労力に対し、得られる得点が多くないので、効率の良い学習が重要です。

出題範囲から、配点が高い分野や得点しやすい分野を優先的に勉強することで点数を伸ばしていきましょう。目標の得点は6割~7割くらいを目安に取れれば十分ですね。

文理系入試について

文理系入試では、数学と外国語が占める配点を見て分かる通り、【数・外】科目できちんと点を取りきることが出来る人が合格を決めると言っても過言ではありません。

 

数学を勉強していく上で意識しなければいけない重要なことがあります。それは、アウトプットが足りているかということです。

解法の目印・キーワードを意識して、自力で問題をたくさん解く学習をきちんと行うことで、どの状況で、勉強した知識を使えばいいか分からない…ということがなくなります。

外国語については、早い時期に、必要な単語・イディオム・文法を身に着けましょう。本番の試験では文章を読む、書く、聴くことがメインになってきますので、これらをスムーズに行い問題に回答するための基本を早いうちから身に着けることでテストの得点や学習の進捗も変わってきます。

その他の科目については、試験の配点からもわかると思いますが、労力に対し、得られる得点が多くないので、効率の良い学習が重要です。

出題範囲から、配点が高い分野や得点しやすい分野を優先的に勉強することで点数を伸ばしていきましょう。目標の得点は6割~7割くらいを目安に取れれば十分でしょう。

愛媛大学工学部工学科の受験計画

それでは次に受験計画についてお話します。

理系科目および外国語それぞれについて、どのように勉強していけばよいか、個別にポイントを確認していきましょう。

数学

数学については、基本をできるだけ早い時期にしっかり固めることを意識しましょう。

基本の公式や解放を押さえたうえで、どんな問題がきても、しっかりと解答できる力を身に着けるためには論理的な思考が重要となります。それでは以下の3シーズンに分けて詳しく解説していきます。

  1. 春にすること
  2. 夏にすること
  3. 秋にすること

1.春にすること

まずはチャートなどの問題集を軸に基礎固めを行いましょう。

まだ難しい応用問題が解けなくても焦ってはいけません。応用問題であっても基本的な内容の知識を組み合わせることで解くことが出来るので、ここではとにかく基礎を完璧にすることだけを考えましょう。

簡単な問題で知識や解法を理解して覚え、状況に応じて知識や解法を引き出せるようにするための土台作りが大切です。ここで丁寧にインプット・アウトプットを行うことで、後半の勉強スピードが上がり、効率がよくなります。

 

重要な土台作りですので、全力で取り組みましょう。

2.夏にすること

夏は春に取り組んだ勉強で見えてきた、苦手な単元をなくすことが目標になります。また、計算が遅い・苦手だと感じる場合、計算演習を行うことも重要です。

理系入試での受験を考えている場合は数学Ⅲが必要になってくるので、学校の進度に関わらず、基本的な範囲の学習は終わらせておきましょう。

3.秋にすること

秋は、二次試験対応の問題集を使って複合的な問題に対する応用力を身につけましょう。身に着けた知識がどのように使われているのか、なぜそこでその解法なのかをしっかりと理解できるようにすることが大事です。

愛大二次数学については以下の記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

関連記事愛媛大学二次試験(数学)の傾向と対策【例題解説もあり】

また、秋以降はセンター演習を行っていくことになります。

夏の時点で、理解度を図るためにセンター試験の過去問を1,2年分解いてみて、秋以降で点が低い単元から過去10年分ほど解くことをおすすめです。

過去問を解いて6割以下の場合は、基礎が不十分ですので苦手な単元の振り返りを行いましょう。

物理

物理については、演習を通して何が起こっているのか考えられるようになることが重要です。

それは基本の公式や解法を押さえたうえで、どんな問題がきても、しっかりと解答できる力を身に着けるためです。それでは、以下の3シーズンに分けて詳しく解説していきましょう。

  1. 春にすること
  2. 夏にすること
  3. 秋にすること

1.春にすること

基本的な現象の意味や公式の使い方を基本的な問題集で勉強していきましょう。特に春は力学分野の徹底的な学習が大事です。

力学は試験問題の中でも配点が大きく、物理の他分野のベースでもあります。本質的な部分を明確にし、なぜその公式を使うのかを徹底的に理解できるように学習を進めましょう。

2.夏にすること

力学の次は、波動・熱力学・電磁気の各分野を完成させていくのが良いでしょう。ここも基本項目の理解ということで、基本的な問題集を学習します。力学については、さらに実践的な問題集を解いて力をつけていくことで安定した解答力を身に着けることが出来ます。

理系入試で物理を使う場合は特に力を入れてください。

3.秋にすること

夏に力学で使用した問題集ですべての単元を徹底的に演習していきます。

この時期の演習をしっかりと行うことによって、センター試験の得点が飛躍的に上がります。1冊でいいのでセンター試験前までに問題集を必ず仕上げましょう。

また、秋以降はセンターの過去問10年分や各予備校が出している模試の過去問を演習し、苦手な単元のあぶり出しとその復習を行うことが重要です。

化学

化学についてはバランスの良い勉強を意識しましょう。

化学では、理論分野と無機・有機の暗記する部分が満遍なく要求されます。そのため、バランスの取れた勉強が必要です。それでは以下の3シーズンに分けて詳しく解説していきます。

  1. 春にすること
  2. 夏にすること
  3. 秋にすること

1.春にすること

理論化学の内容を完璧にしていきます。使う問題集は参考書と問題集をセットで学習しましょう。問題をただ解くだけではなく、知識をきちんと身に着け、本質的に解法を理解することを心掛けていくことをお勧めします。

理論化学は、計算問題や他分野の無機化学、有機化学を解くうえで確実に必要となる知識ですので、取りこぼしの無いように学習していってください。

2.夏にすること

無機化学と有機化学を完成させます。無機化学も有機化学も、暗記の割合がかなり大きいため時間がかかります。規則性に着目して効率的に学習しましょう。

また使う問題集や参考書をどれくらいこなすのか、必ず計画を立てて、期限を決めて暗記や演習を地道にこなしていってください。

3.秋にすること

センター試験の過去問に取り組みましょう。化学全体を通して演習し、得点できていない単元があれば、参考書と問題集で復習するのが効果的です。

 

理系入試で化学を使う場合は、2次試験対策の応用的な演習も並行して行いましょう。

生物

生物については、基礎事項を漏れなく覚えることを意識しましょう。

生物は各単元で満遍なく問題が出る上に、暗記の割合が非常に高いです。そのため、基礎事項をもれなく徹底的に覚えましょう。

それでは、以下の3シーズンに分けて詳しく解説していきましょう。

  1. 春にすること
  2. 夏にすること
  3. 秋にすること

1.春にすること

センター試験において、各単元における配点は均等になっているので、自分の学習しやすい範囲から基本的な知識を取り入れていきましょう。

暗記の比重が非常に大きい教科ですので、知識のインプットとアウトプットをバランスよく行って、基本的な知識をしっかり網羅できるようになると良いです。

2.夏にすること

問題集を1冊マスターしましょう

ここで重要なのは、複数の問題集を同時に何冊もやってはいけないことです。少しずつ様々な問題集を解くよりも、1冊を何度も解き直し完璧に仕上げる方が確実に効果的です。

基本~センターレベルまでの難易度の参考書を3周ほど演習し、分からないところが無くなるまで仕上げることで、秋から行うセンター演習がスムーズに進みます。

3.秋にすること

秋以降はセンターの過去問10年分や各予備校が出している模試の過去問を演習し、苦手な単元のあぶり出しとその復習を行いましょう。

センター得点率でいうと7割以上は得点できることが理想です。

地学

地学については、生物同様、漏れのないように基本事項を暗記していきましょう。

地学は暗記することで解答できる問題の割合が多いため、漏れの内容に基礎事項を暗記していきましょう。それでは、以下の3シーズンに分けて詳しく解説していきましょう。

  1. 春にすること
  2. 夏にすること
  3. 秋にすること

1.春にすること

教科書と参考書をもとに、基本的な知識のインプットとアウトプットを繰り返して解ける問題を増やしましょう。

基本的な知識の習得が大切な教科なので理解が曖昧な部分は1つでも多く減らしてください。一問一答形式の単語帳を作るなど、自分なりに勉強しやすいツールを作るとより良いです。

2.夏にすること

春で身に着けた知識をもとに問題集を1冊マスターしましょう。

こちらも複数の問題集を同時に使用するのではなく、1冊を何度も解き直し完璧に仕上げましょう。

 

地学に関しては知識の量が本番の得点を左右するので、基本事項を網羅した問題集をしっかり身に着けることで秋から行うセンター演習がスムーズに進みます。

また、地学は他の理科科目(物理・生物・化学)に比べ履修者が極端に少ないので、問題集が少ないです。分量も他の理科科目に比べ少ないですので、余裕がある場合はセンター試験の演習を始めてしまっても構いません。

3.秋にすること

秋以降はセンターの過去問10年分や各予備校が出している模試の過去問を演習し、苦手な単元のあぶり出しとその復習を行いましょう。

センター得点率でいうと、こちらも秋の時点で7割以上が理想です。

戦略は人それぞれ。だからこそ愛大研がサポート!

ここまで、愛媛大学工学部に合格するための計画や戦略について解説してきました。

 

しかし、受験戦略と受験計画は個人で異なります。

ここに書いた受験戦略や受験計画は一般的なものであり、より詳細に作り込まないといけない上、あなたには微調整や変更が必要になります。

 

あなただけの受験戦略・受験計画について詳しくお話が聞きたければ、

愛大研の無料体験に是非お越し下さい。受験のプロによる面談を行っております!

工学部在籍の講師も多数いますので、ぜひ検討してみてください!

愛大研では無料体験授業を行っています。

今回の記事を読んでいただいて、勉強の指針が明確になったでしょうか?

自分に合った受験戦略・受験計画は人によって異なるため、あなただけの指針を明確にして、受験に向けて頑張りましょう。

本記事で、愛大研に少しでも興味を持ってくださった方や、

逆転合格で第一志望合格を狙いたい!」という方は、

まずは気軽に無料体験授業にお越しください!

愛大研紹介記事E判定からの逆転合格を生み出す松山市の学習塾『愛大研』の無料体験授業とは?

ともにあなただけの志望校合格のプランを立てませんか?

 

お待ちしています。

愛大研の無料体験授業のお申込みはこちらから

 

愛大研の無料体験授業のお申し込みはこちらから

コメント