【誰でもわかる】愛媛の中学生は内申点(調査書点)が超重要な理由

愛媛の中学生は内申点(調査書点)が超重要な理由【簡単に解説】 高校受験情報

こんにちは!愛大研公式ブログ編集部の茶山です。

 

突然ですが、あなたは愛媛県の公立(県立)高校入試ではいわゆる“内申点(調査書点)”というものが超重要になることをあなたはご存知でしょうか。

 

志望校によってある程度の内申点がないと、合格できる確率がかなり減ってしまうという事実もあるのです。

 

そこで今回は「そもそも内申点ってなんなの?」という所から、愛媛県立高校受験の仕組みを踏まえて、

内申点が超重要な理由を超簡単に、誰でもわかるように解説した後、具体的にどうやって対策していけば合格に近づくのか解説していきます。

 

この記事を作成した愛大研は、愛媛で何年も受験指導を行なっており、多くの受験生を県立高校に合格させていますのでご安心ください。

また、愛大研ブログでは入試科目ごとや県内の高校について対策などをまとめていますので、そちらもご覧ください。

愛媛の高校入試の仕組みを知る

まずは入試の仕組みについてザックリと理解しておきましょう。

 

今回は県立高校入試にスポットを当てて書いていきますが、私立高校入試にも触れながら書いていこうと思います。

また、内申点は正確には調査書点と言うのですが、今回は分かりやすくするため、同じものだと思っていただいて問題ありません。

愛媛県県立高校入試の入試科目と選抜方法

愛媛県県立高校入試では、1回の一般入試の中で、「第1選抜」と「第2選抜」の二段階に分けて合格者を選抜します。

 

それぞれで合格者の割合が決められており、

第1選抜では合格者の7割、第2選抜では3割を選抜します

本番当日のテストの科目は、国語(作文含む)・数学・理科・社会・英語の5科目です。

基本的には、(当日のテストの点数+内申点+面接などの点)で合否が決まります

 

ここまでしか知らないと、

「第1選抜でサクッと合格するように頑張ればいいじゃん、本番で点取ればいいんでしょ?」

なんて思いますよね。ところが、、、ですよ。

 

ここからが本題です。

 

内申点がどのように重要視されているのかというと、

【受験者の中で内申点が上位90%に入っていないと第1選抜は対象外になる】というルールがあるのです。

 

受験者数を100名だったとして、簡単な例を用いて説明します。

受験者数:100名

受験者の中で、内申点が上位90名(90%)に第1選抜を行う

ここで合格者の70%が決定。

 

”内申点が上位90%に入らなかった残りの10名(10%)”は第1選抜を受けられず、第1選抜で不合格だった受験者と共に、残り合格者枠の30%を第2選抜で争う。

ということになります。

「いやいや、私は本番でがっつり点数を取って第2選抜で合格しますよ」、という人もいますが、そう考えている人も多く、第2選抜の方が本番のテストで必要な点数が高いことも多いのです。

詳しい選抜方法や内申点の算出方法が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

愛媛県県立(公立)高校入試を突破するために知っておくべきことまとめ

私立高校入試の入試科目と選抜方法

愛媛県の私立高校一般入試では、多くの高校で、

本番のテストの点数の割合が、ほとんどである配点で合否が決まるという形を採用しています(一部他の要素を点数化している高校も有り)。

そのため私立高校の一般入試においては、単純に本番のテストで点数を取ったら合格に近づくということなので、わかりやすいです。

また、私立高校が第1志望の場合は、中学校の推薦などを利用して合格を目指す場合も多いです。

 

具体的にどれくらいの点数が必要か

以下で各松山市内の県立高校ごとのボーダーラインとなる

  • 内申点
  • 当日点
  • 偏差値

について解説しています。

あなたの志望校のボーダーラインを確認しておきましょう。

 

関連記事→松山東高校編

関連記事→松山南高校編

関連記事→松山北高校編

関連記事→松山中央高校編

関連記事→松山商業高校編

関連記事→松山工業高校編

関連記事→愛大附属高校編

どのように対策すれば合格に近づくのか

ここまでの読んでくれた方は、なぜ愛媛県の県立高校入試で内申点が超重要なのかを理解していただけたと思います。

では、具体的にどのようにして対策していけば、あなたは志望校合格に近づけるのでしょうか。

その対策は、大きく分けて3つあります。

1.主要5科目は常に勉強しておく

主要5科目とは、入試本番のテスト科目となる国語・数学・理科・社会・英語のことです。

言わずもがなこの科目は本番の結果に直結しますので、理解していないままにして放置するのは絶対に禁物です。

学校のテストでも高得点を狙い続け、本番で必要な点数を確保できるようにしていきましょう。

 

2.副教科をおろそかにしない

これは案外多くの中学生に当てはまることなのですが、

主要科目に気を取られて、副教科(保健体育・技術家庭科・美術・音楽)の点数が低くなっていることはないでしょうか。

主要科目5つと、副教科4つを合わせた9つの通知表の点数が内申点となります(1〜5の5段階で、1なら1点、2なら2点…といった点数になる)。

 

しかも、主要科目も副教科も同じ内申点の算出方法になります。

つまり、内申点においては主要科目も副教科も同じ価値があるのです。

主要科目ばかりいい点数でもダメなのです。副教科もテスト前にはきちんと高得点を取れるように勉強しましょう。

 

3.通知表を分析する

最後に、1番大切なことをお伝えします。

ここまでの内容を読んで、「私はテストで良い点数もとってるし、真面目に授業も受けてるのに、通知表の点数が低いんだよ!」と、怒っている人もいるのではないでしょうか。(笑)

そこでおすすめするのは、通知表の詳細な評価欄を見てみることです。

具体的には、「関心・意欲・態度」や、「知識・理解」などといった項目です(科目によって項目名は異なっているはずです)。項目ごとにA~Cなどの評価をつけられているはずです。

注目すべきは、この項目ごとの評価です。

この項目ごとの評価をもとに、1〜5までの評価をつけられているのです。

もちろん、内部的には項目ごとの詳細な点数もつけられていますが、学校の先生によって評価の仕方が異なるため、開示はしていないのが普通です。

 

つまり、あなたがすべきは、この項目で評価が低かった部分を修正していくことです。

具体的には「関心・意欲・態度」では授業態度などが評価対象になっていたり、「知識・理解」ではテストの点数が主な評価ポイントだったりします。あなたの通知表の評価を下げた原因の項目を徹底的に見直しましょう。

 

もし、何が原因なのかわからない場合は、直接学校の先生に聞きに行きましょう。

私たち愛大研のような受験のプロに聞くのも手段の1つです。何を直さないといけないのか分かっていないといけませんからね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

多くの愛媛の中学生を悩ませる内申点ですが、少しでもその悩みを解決できたのなら嬉しいです。

内申点はどうしても評価する先生の主観が入ってしまう部分があります。

もちろん、学校の先生たちは不平等や差別が無いように努めてはいます。

今一度、愛媛県の中学生の内申点の大切さを実感してもらえましたでしょうか?

 

愛大研では無料体験授業を行っています

この記事を書かせていただきました私たちの運営する学習塾愛大研では無料体験授業を行っています。

愛大研紹介記事→【中学生必見】愛媛(松山)の少人数・個別指導塾なら愛大研!

体験だけではなく、内申点のご相談だけでも大歓迎です。

高校・大学受験を突破してきたハイレベルな講師がお待ちしています。

ぜひ一度無料体験にお越しください!

無料体験授業はこちらから

コメント